この本は、STUDIO FELLOWがデザインをする、ハンカチーフ・ブックスが送りだす3冊目の本になります。話し手として登場するのは、医師の土橋重隆先生と管理栄養士の幕内秀夫先生。お医者さんと栄養士さんが語る本なのですが、その話題は医療や食事、健康にとどまらず、生きることの奥深くに向かっています。

デザインは、副題にある「鳩」のモチーフから、自由奔放に展開するお話の内容と絡め、青空を飛ぶ白い鳩を描いた、明快な表紙になりました。帯を取ると、シルクハットが出てくる仕掛けもしています。
表紙にはサーブルという「砂目」をあしらった用紙を用いて、真っ青な表紙を触った際のざらざらした感触を加え、手に持ったときの味わいを加えています。

  • エディトリアルデザイン

ハンカチーフ・ブックス


DE=渡部忠(STUDIO FELLOW)

DE:デザイナー