12月12日(土)に、葉山にて小さな出版舎 『ハンカチーフ・ブックス』のトークショーを開催します。

posted in: EVENT, INFORMATION

151111

現在進行中の、ハンカチーフ・ブックスの本づくり。
無理のない流れで進めながらも、どうやら今年中に2冊くらいのめどがたちそうです。

各書籍に登場して頂く著者の方々が、探求の末に出会った”セレンディピティ”が垣間見える、
僕にとってもたいせつな本たちになりそうです。

現在、二人羽織(笑)で制作に携わって頂いている、
僕と同じ葉山在住のエディター長沼さんが、
『ハンカチーフ・ブックス』の制作を通して伝えていきたいことについて皆さまにお伝えするための、
小さなトークショーを企画してくださいました。

僕などのお話でお聞き苦しい点も多いかと思いますが、
企画立案から出版までの流れを整えるに至った経緯や、
心にじくじくと秘めた熱い想いを、
その場でいろいろとお話させて頂きますので、
もしご自身で「モノ・コト」を起こされたいと思われている方には、
わずかながらのヒントになるのかなと思っています。

当然ながら、出版のめどたがった2冊のお披露目や、
原稿を拝見してからの装丁にたどりつくまでの心のプロセスも、
余す所なく、ご説明させていただく予定です。(伝え方はヘタだとは思いますが…^^)

お時間のご都合があえば、お顔を見せてくださいね。

トークショー概要

日時 2015年12月12日(土) 13:30~16:30(受付開始13:15~)
場所 葉山・逗子周辺を予定(申し込みされた方に詳細をご案内します)
出演 渡部忠
(スタジオ・フェロー代表/デザイナー&ディレクター)
進行 長沼敬憲(リトル・サンクチュアリ代表/出版プロデューサー&エディター)
定員 30名
参加費 2,000円(当日、現金にてお支払いください)

主催

リトル・サンクチュアリ/ハラでつながる会
※CORNER主催ではなく、エディターの長沼さんに企画・主催していただいています。
お間違いないようご注意ください。

お申し込み

※お申し込みは、主催の「リトル・サンクチュアリ/ハラでつながる会」へメールをして頂く形となります。
その後の対応については、主催者にご対応頂き、
STUDIO FELLOWではお申し込みにまつわる対応ができませんので、ご了承くださいませ。

メール(contact@thunder-r.net)宛に、

  1. お名前(ふりがな)
  2. メールアドレス

をご記入の上、
件名に「12/12トークショー申し込み」とご記入のうえお申し込みください。
メールをいただいてから2日以内にご返信いたします。

※返信メールが「迷惑メール」に振り分けられるケースもあるようです。
もし数日経過しても返事がこないなぁという場合、迷惑メールのフォルダのご確認もお願いします。

ゲストプロフィール

渡部 忠

1975年、北海道生まれ。スタジオ・フェロー代表。デザイナー&ディレクター。
都内より葉山に10年前に移住。同地区を活動拠点に、様々なプロジェクトの企画・デザインに取り組む。2015年、アトリエ『CORNER』を新たに創設し、地域向けの教室・イベントを定期的に開催。

進行役プロフィール

長沼 敬憲

1969年、山梨県生まれ。出版プロデューサー&エディター。リトル・サンクチュアリ代表。書籍の企画・編集・プロデュース。著書に、ロングセラーとなった『腸脳力』(BABジャパン)、『この「食べ方」で腸はみるみる元気になる!』(三笠書房)。『ゆるめる力 骨ストレッチ』(松村卓/文藝春秋)など。