普遍的なものの不思議。

posted in: INFORMATION, WORKS

ロングセラー『腸脳力』『実践!腸脳力』の執筆やさまざまな書籍の企画編集を手がけるエディター&ライター長沼敬憲さんが、これまで手がけてきた書籍の企画制作にとどまらず、いろいろな情報発信を行うためのメディア立ち上げに取り組んだプロジェクト『リトル・サンクチュアリ』。
比較的カジュアルな実績の多い僕の事務所にお声がけいただいた奥様のプロデュースセンスに感服。

なんどもなんども普遍的な表現にひっぱるやり直しをしました。

今一度学び直したのは、コントラストの強い内容に誰もが学習しているそれらしいデザインを落とすと世界観が完成するけど多くの人は自分の趣味に合わない場合スルーする。だけど、対比するようなデザインに落とすと不思議と誰もが目を止める普遍的なものになるのだなぁということでした。

書籍やイベント等、ここ発信の運用と展開次第で拡充されるプロジェクトなので、じっくりという感じスタートしています。

 

リトル・サンクチュアリ|感覚を磨き、世界をつなぐ情報マガジン

こちらがSTUDIO FELLOWの事例ページ