引出物・ギフト案件が続く中で考える。

posted in: INFORMATION, OTHER

ここ数ヶ月、引出物(ひきでもの)やギフトデザイン案件が重なり、幸せな仕事だなぁと思いながら作業をしています。

多種多様な世界に携わらせて頂く中で、右手でウェディングの引出物を企画・デザインし、左手でローカルの農家さんとジャムみたいな新商品開発のお手伝いなどをしているとき、ふと思ったのが、

すごく美味しいけど小さくやっている生産者さんたちに登録をしてもらい、引出物としてのまとめ発注を期待してもらう仕組みはどうだろう?とか、思いました。

自分もそうでしたが、引き出物って、新郎新婦のセンスと力量を問われる部分があるので、上質&ニッチなものがあるとありがたいんですよね。考え中。